ウクライナに関するドキュメンタリーと映画の作品集

ウクライナを描いた映画とドキュメンタリーのコレクション

ウィンター・オン・ファイヤー: ウクライナ、自由への闘い

2013-2014年にかけてのウクライナの自由革命に関するドキュメンタリー。ヨーロッパ統合を支持、国家のよりよき未来を願う平穏な学生デモが、ヴィクトル F. ヤヌコビッチ大統領の辞任を求める公民権運動へと変貌していったウクライナの93日間を追ったドキュメンタリー。

鑑賞する

TrailerNetflix

チェルノブイリ

歴史上最悪の人災を衝撃的かつ感情を揺さぶる物語として描き出す、HBO製作の全5話のミニシリーズドラマ。1986年、旧ソビエト連邦のチェルノブイリ原子力発電所で大規模な爆発事故が発生。放射性物質がベラルーシ、ロシア、ウクライナばかりか、スカンディナビアや西ヨーロッパまで飛散した。深夜の爆発は大混乱をもたらし、その後は何日も、何週も、何ヵ月もの間、人命が失われ続ける。「チェルノブイリ―CHERNOBYL―」は、人間の勇気を描くと同時に、事故の原因や責任追及をやりすごそうとする政府の極めて非人道的な慣行と、災害の危険性を軽視したことから多くの命が犠牲になったことを明らかにする。ジャレッド・ハリス、ステラン・スカルスガルド、エミリー・ワトソンら、豪華キャストの共演も見どころの1つ。

鑑賞する

予告編AmazonU-Next

ミスター・ジョーンズ: 赤い闇 スターリンの冷たい大地で

1933年、かつてヒトラーにも取材したことがあるイギリス人記者ガレス・ジョーンズ(ジェームズ・ノートン)は、世界恐慌の中でソ連だけが好景気であることに疑念を抱いていた。その謎を探るため単身モスクワへ向かった彼は、当局の監視を避けながら全ての鍵を握るウクライナを目指す。極寒のウクライナにたどり着いたジョーンズは、過酷な生活を強いられホロドモールで飢えに苦しむ人々を目撃する。

鑑賞する

予告編HuluAmazonTsutayaGoogle Play

ヒトラーとスターリンに包囲され: 第二次世界大戦のウクライナ、語られざる物語

2003 年のドキュメンタリーはSlavko Nowytski が制作および監督し、Jack Palance がナレーションを担当。1時間のドキュメンタリーは、カナダのウクライナ研究センターのプロジェクトであり、ウクライナの視点から第二次世界大戦の物語っている。
ウクライナの視点から、ナチス政権とソビエト政権の間の闘争を記録し、第二次世界大戦の瀬戸際にあるウクライナでの出来事、西ウクライナのソビエト占領 (1939–1941)、独ソ戦争、ウクライナのナチス占領、西ウクライナの第二次占領 (1944) を映している。
800〜1000 万人のウクライナ人の命を奪ったこれらの出来事の影響は、両勢力の「焦土」政策に関するセグメントを通して描かれています。ユダヤ人の悲劇;そして、230 万人のウクライナ人が奴隷労働者 (Ostarbeiters) として捕らえられました。ナチスの占領者に対するウクライナ人の闘争と、ウクライナの独立のためのウクライナ反乱軍の闘争 (両方の全体主義勢力に対する) が描かれています。
この映画は、ウクライナ人のソビエト連邦への強制送還、避難民 (D.P.) キャンプ、および移民も映し出し。 『ヒトラーとスターリンに包囲され』では、無数の情報源から得られた目撃証言、記録資料、貴重なフィルム映像、写真、文書が取り上げられています。

鑑賞する

YouTube, UCRDC (露字幕付き英語ビデオ)

絶望の収穫

ホロドモール:忘れられたホロコーストと呼ばれることもある。 スターリンが何百万トンもの小麦を西側市場に投棄していた時代、ウクライナでは男性、女性、子供が 1 日 25,000 人、1 分間に 17 人の割合で餓死していた.戦争や自然災害ではなく、無慈悲な命令によって引き起こされた飢饉で、700万人から1000万人が死亡した。
この悲劇の 50 周年を迎え、カナダのウクライナ研究センター (旧ウクライナ飢饉研究委員会) は資料を収集し、目撃者を探し、この恐ろしい出来事を記録しました。 『絶望の収穫』は、この取り組みの成果です。
このドキュメンタリーは、1920 年代と 1930 年代にウクライナが文化的、政治的自治権を獲得しようと奮闘した結果の悲劇的な結果を探ります。貴重なアーカイブ映像を通じて、スターリンの致命的な対策の結果が悲惨な詳細で明らかになります。
『絶望の収穫』は、なぜこの人為的な飢饉があまり知られていないのかを調べます。急進的な左翼の理想に目がくらみ、エドゥアール・ヘリオットなどの世界の政治家、ピューリッツァー賞を受賞したジャーナリスト、ジョージ・バーナード・ショーなどの作家はすべて、政権の隠蔽運動に貢献した.大恐慌に襲われた西側の民主主義政府でさえ、輸出入貿易を継続するために、ソビエト・ロシアの残虐行為について沈黙を保つことを好んだ。
1932 年から 1933 年にかけて、ウクライナの全人口の約 4 分の 1 が残忍な飢餓によって死亡しました。 『絶望の収穫』は、その荒々しく心に残るイメージを通じて、あまりにも長い間沈黙してきた失われた世代の雄弁な証言を提供します。

鑑賞する

YouTube, UCRDC (英語)

Bitter Harvest

The Living

The Guide

Khaytarma

バンデラス ウクライナの英雄

Zemlya

Tini Zabutykh Predkiv

Atlantis

Plemya/The Tribe

Entuziazm (Simfoniya Donbassa) /The Donbass Symphony

Chelovek S Kinoapparatom