子どもたちのための安全な学習空間として「ホビットの家」が生まれ変わる: Gurtum Charity Foundationとの連携による成果

ウクライナにおける「ホビットの家」プロジェクトは、Gurtum Charity Foundationとの連携により、ただの避難所から子供たちが新しいスキルを学び、充実した時間を過ごすことができる教育センターへと変貌を遂げました。

← ニュースに戻る

ウクライナ – 「ホビットの家」が、Gurtum Charity Foundationとの協力の下、地域コミュニティに新たな価値をもたらし続けています。当初、安全な避難所としての役割を果たしていたこの施設は、現在では子供たちが新しい知識を身につけ、楽しく学べるセンターへと進化しています。

このプロジェクトの最初の大きな成果の一つは、ピサンカ(ウクライナの伝統的なイースターエッグアート)クラスの開催でした。このクラスでは、子供たちだけでなく大人たちも、多くが生まれて初めてピサチョク(ピサンカ作成用の特殊な筆)を手にしました。参加者は、ウクライナの伝統文化に触れながら、創造性を発揮する貴重な体験をしました。

Gurtum Charity Foundationと連携して、「ホビットの家」を運営するチームは、教育的かつ楽しい活動を通じて、子どもたちの心に安らぎと喜びをもたらすことを目指しています。これらの活動は、子どもたちにとって重要な社会的スキルと自己表現のスキルを育む機会を提供しています。

「ホビットの家」プロジェクトとGurtum Charity Foundationの取り組みは、地域社会における子供たちの教育と福祉の向上に寄与しています。私たちは、これからも地域社会のニーズに応え、子供たちの成長と発展を支援するための活動を続けていきます。

このプレスリリースは、ウクライナの「ホビットの家」プロジェクトとGurtum Charity Foundationの連携による取り組みに関するものです。当プロジェクトに関する詳細情報や取材のお申し込みについては、contact@kraiany.org までお問い合わせください。